[es]

こんばんは!

今月も残りわずかとなりましたね〜

ファッション誌は軒並み

9月号が発売され

例年と同じペースですが

既に秋冬号に入って来ています

なんか。。。。

ピンと来ませんね

「暑いし!」

上村です

あ、でもセールはいつもどおり

早め早めでいいと思いますyo

今日はあらためて

よく聞かれる

[es]のネーミングについて

少しご説明させていただきます

直訳は

「es(エス)=心理学用語、無意識下にある本能的欲求」

となるそうです

「お腹がすいたから何か食べたい」とか

「喉が渇いたから何か飲みたい」とか

つまり無意識下にあるものなので

社会性とかモラルとか関係無しに

「自分では気がつかないけど本能的に望んでしまうもの」

となるそうです

私はこれを

美容師として

いいように解釈しまして

「自分でも気がつけない本当の自分探し」と解釈しました

でも無意識下の気持ちですから

自分ではうまく説明が出来ない訳です

[es]は提案型サロンを目指していますので

その「自分探し」を

プロとして見つけ出して

ヘアデザインという入り口から

カウンセリングさせていただき

提案させていただき

心が豊かになれるような

そんな空間を意識していけるように

[es]とネーミングしました

それと「短くて呼びやすい」「覚えやすい」

という事も

頭に入れていました

ただ[es]だけでは

何屋かわからない。。。。

そこでパーソナルブランディングイメージを

「atelier(アトリエ)」という言葉で表現し

デザイナーズサロンである事を

「HAIRDESIGN(ヘアーデザイン)」という言葉で

表現しました

結果。。。とても長くなってしまいました(^^;)

でもお客様には「エス」と

呼んでいただけているので結果オーライです

あと ”es” に ”[ ]”(カッコ)がついているのは

Mr.Childrenの楽曲で

「【es】 ~Theme of es~」

という曲があるのですが

その歌詞がサロン独立前の自分に

とっても勇気をくれましたので

そのまま頂きました

「何が起こっても変じゃない、そんな時代さ、覚悟は出来ている」

「喜びに触れたくて明日へ、僕の中にある[es]」

男は時に

アホみたいにロマンチストです(笑

最後にもう一つ意味があるのですが

それはスタッフにのみ説明しています

[es]の意味

結構深いんでございます。。。。

自分の中の[es]

是非見つけにいらしてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です