ANTI BOSS Live Seminar 「Magic の巻」

DSC_1799

 

前回の1の巻

「Studyの巻」からの続きでございます

 

今回はFacebookイベントページからの申し込みをはじめに

120名の美容師さんたちと80名の美容学生さん

計200名の方に来場頂きました

 

DSC_1873

 

県内セミナーでこの人数が集まることは

僕の知る限りあまりないことで

 

DSC_1876

 

会場は熱気に包まれる中スタート

 

DSC_1884

 

今回は6人モデル全て目の前でカット

この6人が

今から「Magic」にかけられます

 

その1人目の第一刀

 

DSC_1885

 

気持ちいくらい迷わず

スパッといきました

 

DSC_1888

 

会場で見ることのできないKO-WAくんもアシストの合間で

興味津々、廊下から覗き見てます^^

 

SHIGEさんは次のモデルちゃんのスタンバイ

大きなイベントの場合全体に目を配ることが困難なことの方が多いなか

この責任感は本当に何を任せても信頼感抜群でございます

 

DSC_1897

 

SAYAKAさんもいますし^^

 

DSC_1895

 

仕込み部屋では音声のみ聞きながら

各自指示通りに動いてくれました

 

DSC_1921

 

ステージでは軽快なトークと

スピーディーなテクニックで

 

DSC_1890

 

あっという間に

2人目のモデルちゃんへと移っていきます

手が早く動いているわけではない

 

けれどもとにかく早い

いや、無駄がない

 

DSC_1902

 

そしてサロンワーク中のパーマデザインのポイントや

襟足、生え際、ボリューム、軽さなど

 

DSC_1920

 

小松さんのデザインポイントを

惜しげも無く披露していただきました

「どんどん可愛くなっていく」

その過程を見ている全員が目の当たりにします

 

DSC_1925

 

今回は午前中に

仕込み段階でカラーは6名全員

ステージでパーマ3名のカットは6名

3時間前後のセミナーとしては

通常の2〜3倍の内容でしょうか

 

DSC_1931

 

そのうちパーマ2名は

説明しながらの施述にもかかわらず

役1時間半であっという間に終了

 

DSC_1937

 

そして3人目のパーマに関しては

私ならサロンワークではおそらく避けるであろう

ブリーチ毛へのアプローチもありましたが

とても綺麗にかかっていました

 

DSC_1941

 

次々と仕上がっていくモデルちゃん達

 

DSC_1946

 

6人目のステージを迎え

 

DSC_2009

 

いよいよフィナーレが近づきます

 

DSC_1949

 

必ず肉眼で目を見て顔まわりを決めていく小松さん

 

DSC_1983

 

ラスト「可愛い」をバッチリ決めて

フィニッシュ!

 

DSC_1987

 

不思議な不思議なパーマのMagicに

興味津々の会場の空気を察した小松さん

実際にその髪を触らせてくださいました

 

DSC_1990

 

前日までに描いてくれた

6人のモデルデッサン

 

まさにそのイメージ通りに

6人が変身

 

DSC_2025

 

最後に全モデルちゃんをステージに呼んで

 

DSC_2027

 

生み出したそのデザインを愛でるかのように

ひとりづつ

語りかけるように手を入れて

 

IMG_8811

 

小松さんもモデルちゃんも

みなステージ上でキラキラと輝いていました

 

それはまさしくあの時のフラッシュバックで

私個人も感無量でございました

 

DSC_2029

 

最後にスタッフ全員をステージに呼んでいただき

 

DSC_2050

 

いやいや、、、、

話してる最中だから。。。。

 

DSC_2054

 

バックスタッフ皆に

労いの言葉も頂きました

 

DSC_2056

 

 

「元祖カリスマ」

「パーマの天才」

「絶対可愛くしてくれる」

 

これまでずっと小松さんは

様々な表現で紹介されてきていますが

 

同じ美容師の私が間近で見ても

やはり「Magician」でございました

 

DSC_2061

 

素晴らしいステージを

本当にありがとうございました

 

DSC_2070

 

あ、RYU-HEYくんもお疲れちゃん

 

DSC_2078

 

ステージ終わりで

記念に1枚

 

貴重な1枚

 

記憶に残る

 

1枚

 

DSC_2088

 

ステージの最後

小松さんは自身が作詞した曲

「虹色涙」をかけながら

*itunesでダウンロード可
 

会場の全員にメッセージをくれました

 

〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「毎日、少しずつでも自分自身を進歩させる努力を怠らないで欲しい

もがきながら自分の可能性を回りに認めてもらい続けて欲しい

達成、成長するたびにリセットし、更なる成長を続けて欲しい

ライバルを見つけて欲しい

ライバルは自分を成長させる大切な存在

しかし、最大のライバルは自分の心にあるのを知っておいて欲しい

誰も最初から出来る人はいない

一つずつ積み上げ、自分自身を成長させ続ける

君たちは、未完成の美しさと可能性という宝物を秘めている

そして、素敵な美容師に育ってこれから出会う沢山の女性に

虹色の涙してもらえるように願いをこめて

喜びと幸せに包まれた時、涙は虹色に輝くと…….、『虹色涙』

夢と希望を抱き

美容という素晴らしい職種を選択し

僕と出会った全ての美容師達たちに贈る

応援歌を作りたかった」

 

虹色涙B&W

 

小松利幸

〜〜〜〜〜〜〜

 

次回は第3巻

「Legend の巻」へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です