[ I’ m Original ] Vol.1

DSC_2211

 

2015年へのMessageを

全てのお客様と

自分たち自身へ向けて

 

 

 

IMG_9392

 

その準備は少しづつ進んでいきました

 

DSC_2210

 

私はこの時すでに

イメージが先行して先走っておりまして

若干周囲も引いておりました

 

IMG_9213

 

また、社長はあらぬところで寝ておりました

 

DSC_2242

 

全体で行う撮影には

皆でイメージを共有することが

とても大切だと感じているため

 

IMG_9259

 

例えばそのイメージに

一番近いところへたどり着くまで

 

IMG_9268

 

モデルさんの協力もいただき

 

IMG_9250

 

実際に何着も着ていただいた衣装を

並べてみたりします

 

スマホを使うととても便利

 

IMG_9249

 

また、その撮影環境に応じて

太陽の位置と時間軸を頭に入れつつ

無駄のないタイムスケジュールを組んだりします

 

IMG_9271

 

そして本番が近づいてくると

各担当スタッフの仕込みも始まり

夜な夜な仕上がりのチェックが送られてきます

 

私は当日のカメラマンとして

今回はいかに楽しい空気を作るかを考えておりましたが

カニはやはり却下されました

 

IMG_9386

 

そして迎えた本番前夜

 

DSC_2290

 

各自役割を持ったスタッフが

 

DSC_2293

 

全員集まってきます

 

DSC_2271

 

衣装担当は当日必要なものが

足りているかどうか

 

DSC_2260

 

衣装チェンジの順番に合わせて

 

DSC_2262

 

並べ替えていきます

 

IMG_9446

 

現場担当は

第二部撮影のための仕込みや

 

DSC_2250

 

光の回り方を効率よくするため

 

IMG_9431

 

撮影エリアを白くしていきます

 

IMG_9421

 

カメラ担当は翌日の天気を占いながら

 

DSC_2251

 

スタッフをモデルに見立て

予定したシチュエーションをチェック

 

DSC_2280

 

小道具担当は

「ないものは作る!」をモットーに

 

DSC_2281

 

着々と組み立てから塗装まで

 

DSC_2266

 

この現場の一体感と空気感は

 

DSC_2258

 

翌日の本番に影響していく

 

DSC_2268

 

それは皆が

これまでの経験法則でそう感じていて

 

IMG_9433

 

この準備中にだんだんと出来上がっていく

その空気に

 

IMG_9438

 

本番に対するワクワク感と

必ずいい作品ができるとの確信に変わっていきます

 

DSC_2298

 

イメージは固まりました

 

_DSC9576

 

私たちの仕事は

「髪を切る」だけではなく

 

IMG_9451

 

ヘアデザインを通して

その人それぞれを

「original」な存在にしていくこと

 

DSC_2303

 

様々な情報や

「こうあるべき」的な表現が

TV CMのように怒涛のごとく流れては消えていく現代

 

IMG_9462

 

本当に美しくあってほしいのは

その人の「存在そのもの」であり

 

DSC_2248

 

「私たちの存在そのもの」であると思います

 

IMG_9255

 

そんな想いをMessageに込めた作品が

この翌日カタチになります

 

IMG_9364

 

Vol.2へと続く

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です