髪と向き合う日々part.2

IMG_0689
 

前回からの続きです

 

IMG_0690
 

熊本から戻り

 

IMG_0741
 

早速頭の中に

溜まりに溜まった妄想を整理していく作業に

 

IMG_1761
 

[es]のPerm担当は

主にEGUCHIが担当してくれているので

 

IMG_1765
 

協力してもらいます

 

IMG_1775
 

髪の中身、

実際見たことはありませんが

 

IMG_1771
 

薬剤が髪の毛に入り込んでいき

 

IMG_1683
 

様々なルートを通り

 

IMG_1684
 

たくさんの出会いがあり

 

IMG_1766
 

様々なものに影響を与え

 

IMG_1767
 

結果髪の毛自体の形状が変わる

 

IMG_1777
 

そのカールの形状を想像し

 

IMG_1780
 

その柔らかさやツヤ感や

 

IMG_1661
 

影響を与えてしまった度合いを想像し

 

IMG_1662
 

ストーリをイメージしながら

 

IMG_1660
 

髪と向き合う日々

 

IMG_1663
 

今までもこれからも

 

IMG_1664
 

プロとして使用を許された劇薬の限界を知り

スタッフ皆でそれらを共有して

毛髪の状態やダメージと「戦う」のではなく

 

IMG_1672
 

「ヘアデザインに集中」できる環境を整え続ける

 

IMG_1671
 

それはそのまま

誰かの笑顔に必ずつながる。

それが[es]の欲しいもの。

 

そのための

「髪と本気で向き合い続ける」時間を楽しむ、

[es]はそんなサロンであり続けます

 

IMG_1667
 

 

頭に広がった「妄想」は

情報共有をしながら

様々な検証とデータを取り続けることで

 

IMG_1665
 

やがてカタチとなってきます

 

「継続」し続けることのメリットは

その「カタチ」になるまでの時間が

それまでのデータや経験値と照らし合わせることで

最短距離で目指せること

 

IMG_1668
 

素敵なヘアデザインを完成させるために

様々な薬品を操作するにあたり

やはりプロとしての腕の見せどころは、

 

IMG_1689
 

様々な髪の状態や

ダメージレベル

 

IMG_1690
 

 

欲しいカールの形状や

綺麗なツヤ髪のストレートヘアを

ジャストで表現できるようになるための

 

IMG_1675
 

「ミキシングテクニック」だと考えています

 

670x445_0b8084992a8802abcc677a1688e2090a
 

それには髪を理解することと

 

IMG_1863
 

星の数ほどある薬品を完全に掌握し

 

Img214918911
 

それらを「ミキシング」して

 

一人一人にジャストなコントロールができること

 

ID00000578_img3
 

今の気分にあった

今表現したい質感を

カタチにできること

 

IMG_1859
 

そして

 

IMG_1862
 

もう一つ

 

IMG_1864
 

限界も知っておくこと

*実際にはこのレベルはお断りするレベルです
 

IMG_1865
 

さらなる深化を止めないことで

 

IMG_1876
 

またできることが増える

 

IMG_1808
 

笑顔が増える!

 

IMG_1878
 

そのための

髪と向き合う時間を過ごすスタッフの背中は

とてもたくましく感じます

 

IMG_1879
 

大量の宿題と

髪と向き合う時間に追われ

 

IMG_1906
 

1ヶ月という

Blog非更新最長記録を出してしまいましたが

 

S__17580044
 

表現できることは

毎日、毎月、毎年

確実に増えています

 

S__17580046
 

このツヤ髪「ホホバオイル縮毛矯正」の事例も

「ミキシングテクニック」を駆使しています

 

IMG_1883
 

柔らかさも2割り増し

 

IMG_1893
 

ツヤ感も2割り増し

 

IMG_1891
 

もちろん本来の「癖」へも

結果にコミットしております

 

IMG_1886
 

「ミキシング」をコントロールできれば

ショートの矯正も

根元を潰さず、ツヤ感と柔らかさを手に入れた上で

フォルムデザインも生かすことが可能です

 

IMG_1870
 

 

このマットな質感の

「ブロッコリー種子オイル縮毛矯正」の事例は

 

IMG_1884
 

根元や毛先などで数種類の「ミキシング」を行い

完成しています

マットな質感は寒色系ヘアカラーとの相性もバツグンです

 

IMG_1908
 

もちろんカール系デザインにも

「ミキシングテクニック」を使います

 

IMG_1909
 

この事例は「弾力と質感を失わない」

「ホホバオイル酸性デジタル」のパターン

 

IMG_1911
 

ブロッコリー種子油入りの

アウトバストリートメントを少しつけただけの

自然乾燥です

 

IMG_1910
 

[es]の「ミキシングテクニック」

「誰かの笑顔」を生み出すための

プロとしての責任でもあります

 

IMG_1882
 

そしてまた来週、

熊本へ。。。。。

それまでに[jill]Blog共に

1月分更新し切ります