「経営のサイエンス」4月号発売、梅雨入り前に



 

[es]9人目の子、YUANくん

ここ最近はNATSUさんのレッスンに一緒についてきます

もはやグリコのおまけのようになってます

 

 

現在カットカリキュラムの中では心臓破りの坂のような科目である

グラデーションに入っていますので

この日はKOHDAIくんも一緒に

レイヤーとの違いを目で確認します

 



 

そんな中YUANくんはカメラ目線率100%をほこります

 

 



 

泣きません

ぐずりません

最強の赤ん坊です

そしてヘアカタが大好き

 



 

遅くなりましたが上村です

ブログはこの9年間、[jill]も含めて100%私が書いています

 

 

 

ということで、

ホホバオイル矯正歴約2年で

ハイダメージ部を綺麗に入れ替え終了したお客様です

 

施術前でも十分綺麗な状態まできました
 

 

数ヶ月に一回のメンテナンスです

今回もリタッチと既矯正部のメンテをします

 

沖縄特有かもしれないこのタイプの癖にも十分慣れました
 

 

 

毎回同じ内容で行うこともありますが

現在の状態から判断して施術内容は変わることもあります

 

今回既矯正部へは酸度が2ほどの基剤を水で薄めて対応します
 

 

根元部分へ薬剤をつけ終わって

しばらく時間をおきます

 

根元へは今回アルカリ度0.5、生え際へはアルカリ度2で対応します
 

 

よく流したところへ「水と油とタンパク質」を入れ込んで

まずはこの段階で目指す状態になったことを確認

 



 

アイロン作業へ入り

終了です

 



 

根元の癖も無理なく伸びました

 



 

 

矯正を一定のペースで続けているお客様みなさんに

この柔らかさを是非キープし続けていただきたい^^

 

 



 

 

そんな想いも込めて

取材していただきました↓

 

 



 

美容専門誌

新美容出版「経営のサイエンス4月号」

 



 

ビフォワアフターを含めた

6ページを掲載していただきました

 



 

お世話になっている県外の美容師さんたちも

たくさん掲載されています

「大人世代への5つのメニュー」

 



 

東京時代、美容の様々なことを教わり

育てていただいた編集部の熊谷さんが沖縄まで取材に来てくれまして

 

 



 

やっと仕事で関われたと思うと

感慨深く

 

カメラマンの新さんも

沖縄を満喫してくれて

こういうの嬉しいですね

 



 

仕上がり終わりで

ウミカジテラスへ

 



 

あいにくの天気でしたが

 



 

いい写真が撮れてよかった

 



 

チェックチェック

 



 

その写真が

扉ページとなりました

 



 

帰り際は「沖縄らしい食事がしたい」ということで

ここはルビーへご案内

マストですね

 



 

その2週間後にあらためて

モデルさんに協力いただき

 



 

自分でも撮って見ました

 



 

2週間での髪の変化も確認しつつ

 



 

うん、状態はいい感じです

 



 

「美容室どこいったの?」と

最近よく聞かれるとのこと

 



 

今回の質感矯正も

大変喜んでいただけております

 



 

取材前のビフォワーと比べると

提案させていただいてよかったと感じます

 

befor
befor
 

ホホバオイル矯正/質感矯正の2ラインは

[es]の技術と知識と経験が凝縮されたメニューです

是非梅雨入り前にご相談くださいませ^^/

 このブログを書いた人

atelier[es]HAIRDESIGN

上村コウイチ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です