2015.[es]×[jill]旅行記 Part.3

2015.[es]×[jill]旅行記 Part.3

前回からの続き

IMG_1120

音を持ち込んでくれて

IMG_1022

食材の下ごしらえは女性チームが

IMG_1008

アルコールは男性チームが

IMG_1010

火おこしはアシスタントチームが

IMG_1006

焼やき

各チームの準備整い

IMG_1129

いよいよ宴の始まり

子供達もテンションMAX

IMG_1011

久しぶりの皆での旅行に

私も一時の安らぎに浸りきります^^

DSC00538

2015年は「スケジュールをパンパンに埋めて走り抜ける」と決めていたので

どんな話がきても全て受けてきました

IMG_1025

その結果スタッフも家族とも

時間がゆっくり取れなかったのも事実

IMG_1124

残り2ヶ月半となりましたが

決めたことは最後まで走り抜けるとともに

若干キャパオーバーだった今年一年

懸命についてきてくれたスタッフと家族との貴重な時間に感謝しつつ

乾杯!

IMG_1105

来年は少し足元が見えるよう

皆の顔がきちんと見えるよう意識しながら

2015年にインプットしたものを

2016年はサロン内へアウトプットしていく年にしたいなと

オーナーとしての役割

父親としての役割

きちんと果たしていきたいなぁと心に決めながら

IMG_1081

焼きあがる肉を心待ちにします

IMG_1054

「これはマジやばいっすよ」と、最初の一切れを皿に運んでくれました

確かにこれはヤバそうです

IMG_1029

次々と肉に群がる

飢えた獣たち

IMG_1051

その獣たちにも

EGUCHI肉が順次配られ

それぞれがゆっくりと

それを口へ運んで行きますと

目がなくなります

番宣はこのぐらいにして

次の獣たちの表情もどうぞ

ナチュラルにこうなります

本当に美味しかったマジで泣いております

普段は肉を食べないHALくんも

この日は大食い

かなり食べておりました

IMG_1056

「俺の肉がない!」

と手を上げて要求するほどお気に召した様子

IMG_1130

ちびっ子たちも終始ご機嫌で

よかった

DSC00529

そういえば前回の記事から始まった

Gameですが、続いております

DSC00531

誰かわからない「鬼」にウィンクをされると「死ぬ」という

えげつないGame

こころなしか皆「楽しんではいるが目は合わせない」という

とても微妙な距離感を保っております

IMG_1068

「疑心暗鬼」

「疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じることのたとえ。」

今この場を支配しているのは

まさに疑心暗鬼

「死にたくない」という見えない恐怖が

「楽しいBBQの場」でありながら

「相手の目を見ない」という

なんとも不思議な空間を作り出します

DSC00527

しかしいつまでも「誰の目も見ない」ことなど

到底無理な話

徐々に「死人」がでてきます

IMG_1003

まずはこちら

NEMA-D is Dead

DSC00520

次にSHIGEさんis Daed

DSC00516

次々と「はい!死にました!」

自己申告が行われていき

いよいよ最後の一人も「死亡」

果たして誰にも気付かれることなく

最後まで全員にウィンクをやりきった「鬼」は誰だったのか?

この日この場にいた全員が鬼と目を合わせた瞬間に

「凍りつくような恐怖を感じた」と

口をそろえたと言います

このGameの勝者に

なにかメリット(優勝のご褒美)があったのかどうなのか

DSC00513

すっかり覚えておりません

なんにせよ

「楽しかった」ことは間違いなく

久しぶりに心から笑った気がします

IMG_0998

宴の最後はNEMA-Dに〆てもらい

いつもながらに

最強の同志だなと

ありがたく聞き入りました

DSC00530

美味しかった

ごちそうさまでした

DSC00514

次回は2日目

[jill]BLOGに移動します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。